面接の時に心掛けること

面接の時に心掛けること

面接の時に心掛けること 採用試験の面接は誰もが緊張するのではないでしょうか。それが希望する会社ならなおさら緊張しますね。そんな面接時に心がけることがあるとすればそれは『笑顔』です。職種にもよりますが、しかめっ面よりも笑顔の方がもちろん好印象です。

しかし、いつでもへらへら笑っていればいいというものではありません。志望動機や、将来の展望などまじめな話はもちろん真剣な表情で答えます。そして趣味や、学生時代のサークルの話、休日の過ごし方などを聞かれた時、ここぞという時に笑顔を見せます。自分が本当に楽しいと思えることを話す時に笑顔を見せることが大切です。楽しいことを想像させる時に見せる笑顔は話しに説得力を持たせます。

面接官はあなたの仕事に対する能力だけを見て合否を決めるのではないです。あなたが入社後にきちんと会社に馴染み、人間関係を築いていけるのかを見ています。ムスッとしている人物よりも、楽しいことを笑顔で話せる人物の方がたいていの会社で人間関係を築いていけるでしょう。それに緊張の中にも笑顔を見せる余裕がある人物の方が器も大きく見えます。もし採用候補者が二名以上いた場合。笑顔を見せ、好印象だった人物を採用したくります。面接は緊張しますが、緊張の中にも笑顔を見せる余裕を心掛けてください。

Copyright (C)2019面接の時に心掛けること.All rights reserved.